ねこのおしごと

いつでも自由気ままに生きている猫は何を思い何をするのか?TV・雑誌と各メディアに展開中!

ねこのおしごと

スポンサーリンク

【親の介護】 #240 要介護になって約6年ぶり! 家族愛を感じて涙が出てしまう・・・【母との関係】

やさしすぎる母

猫月さんの家族はママと猫さん2匹が現在の

構成なのよ。

 

パパは猫月さんが幼稚園に入る頃他の女性の

所へ行って離婚してるの。

 

酷いよね。

 

しかもうっすら記憶にあるのはその再婚相手の

女性が普通に家に遊びに来てたんだよ。

 

さすがに昔過ぎて覚えてないし覚えられる

年齢でも無かったのかほんと曖昧だけど

「会社のおねぇさん」って呼んでた気が

するんだよね。

 

おかしくね?

 

離婚してからは一切交流は無く聞いた話に

よると小学生になる際ランドセルすら

買ってあげようとか無くてママのママが

ブチキレしたって話を聞いた。

 

養育費はちゃんと貰えてたのかなー?

 

ママは優しすぎるから損ばっかりしてるのよ。

 

会社の駐車場で同僚の車に自転車乗ってる時

追突されて膝痛めたんだけど普通にそれ

人身事故なのに大丈夫大丈夫ってそのままに

して結果後遺症残って膝が今でも悪いって

言うね。

 

ママは看護師して猫月さんを育てる為や

家のローンを払う為に積極的に休日や

祝日の出勤をして同僚のプライベートを

充実させつつ頑張ってくれてたの。

 

結果猫月さん孤独な人生を歩んだんですけどね!

 

だけどお金かかるから仕方ない!

母子関係

で、基本的に父親母親が居て家族って言う

概念を知らないで育ってるからママと二人の

暮らしが普通だと思ってたのよ。

 

今はないのかも知れんけど父親参観日とか

そーゆー時にあー猫月さんの家は普通と

違うんだーって感じたんだよね。

 

考えてみて!

 

クラスの友達はみんな父親が来てるのに

猫月さんだけ1人。

 

しかもだから欠席出来る訳でも無く

ミニ運動会みたいなのに参加させられて

友達の優しい父親が代わりに猫月さんの

ペアになってくれるとかどれ程辛かったか・・・

 

貧乏だからお菓子も買ってもらえなかったし

他の人と比べるとほんと切なかった。

 

だけどママが頑張ってしかも直接他人を

助けるって言う看護師しててる事に対して

尊敬してたし超感謝してるんですわ。

 

その後社会人になってからは我が家に待望の

車と言う文明が入ってきて行動範囲が一気に

広まって週末まママと買い物によく出かけてた。

 

すごくない?

 

18年間ママと徒歩とか自転車で近くの

スーパーへ買い物行ってたんだよ?

 

雨の日も雪の日も真夏も!

 

田舎だから車が無いと生活出来ないのに

生活してたんだよ?

 

どれだけ狭い世界で生きていたのか・・・

 

そんなんで結構仲良しだったのよ。

親孝行してない!

でさー猫月さんは悪い子だから車が

手に入って行動範囲が広くなった途端

彼女さんと旅行に出かけたり遊びに

行ったりで自分の事しか考えてなかったの。

 

そもそも家族旅行ってしたこと無いから

そーゆーのが存在する事すら考えなかった。

 

わりーやつだな!

 

だけどある程度の年齢になって彼女さんも

ママと接する機会が増えてきて3人で

買い物に行って夕飯作って食べたりは

してたんだよね。

 

それが親孝行になってたのか知らんけど!

 

本当は旅行とかも一緒に行ければよかったと

思うんだけどママは看護師だから休みを

合わせる事出来ないのとやっぱり遠慮して

2人だけで行ってきなさいってなってたんだろうね。

母が躁うつ病に

そんなんでママはずっとママで

変わらないと思ってたんだけど

段々超怒りっぽくなってきたんだよね。

 

もともと厳しい人だったから怒られる事

多々あったんだけどもうねぇーほんと

すぐにキレちゃう。

 

で、いやおかしいから先生に診てもらった方が

いいってってレベル。

 

ママは精神病院の看護師だったから丁度

先生に診察してもらった訳よ。

 

結果!

 

すぐに休暇を取って休みなさいと。

 

だけどその頃にはある程度の役職に

なってたママだし自分が休む事で

他の人に迷惑かけるって休まなかったのよ。

 

そしてよーやく纏まった休みを取って

実家に戻るもママのママ。ばーちゃんの

介護に行くって言うね!

 

今から思えばテンション上がってて

何でもしよう!しよう!って思いが

強かったんだろうね。

 

その結果!

 

なんか陰謀論とか話し出してヤバイ状態に

なってそのまま拘束されて措置入院。

 

躁うつ病と診断されて入退院を繰り返す事に

なったのですわ。

地獄の始まり・・・

で、この時は本当に地獄だった・・・

 

ママが病院から何度も何度も電話してきて

アレもって来い。アレ買ってこいって。

 

これ人権の問題で病院で電話させないって

出来ないんだって。

 

しかも精神病院の看護師だったから

知ってる患者さんとか看護師さんが

なるべく居ない遠い病院への入院じゃ

なきゃ嫌だって。

 

片道1時間以上ですよ?

 

そして罵声を浴びせられるって言う・・・

 

やだ!こんなのママじゃない!

 

厳しさもあったけどあんなに優しかった

ママどこに行ったの!返して!って。

やっと落ち着く

で、入退院を繰り返してやっと!

 

やっと家に戻れて落ち着いたママに

戻ったんだけど!

 

気分の上下はやっぱり残る訳で

完全に治る病気ではなくこれから

どううまく付き合っていくかって

そーゆーレベルでやべぇーやべぇーって。

 

当然ママを一人に出来る訳もなく

猫月さんと2人で暮らしたいって言う

彼女さんの希望を叶える事無理だから

今後は育ててくれたお返しにママの

面倒をしっかり診よう!ってまた

ママと2人きりの生活に戻った訳よ。

要介護になってしまう・・・

そして別の地で新築して新しい生活を

初めて半年後!

 

ママ再び入院。

 

まぁーすぐにまた戻ってこれるだろうと

思ったんだけど!

 

もう完全にあの頃のママは居なくなって

猫月さんの事は理解できるけど他の記憶が

わからず自分で何も出来ない要介護に

なってしまうと。

 

まさかこんなに早く介護問題が出てくるとは・・・

 

彼女さんすげぇーなー。

 

危機管理能力抜群じゃないか!

 

で、6年間猫月さんと猫さんでママの

介護を頑張ってるってのが今ですわ。

嬉しくて涙が出てしまった

最初はママの介護わからない事だらけで

しんどかったけど今ではもう当然の行動に

なって腹立つ事はあるけどまぁーなんとか

なってるのよ。

 

なって無いけど!

 

そして最近はなんか調子いいの!

嬉しいねぇー。

 

猫月さんママの返事が無いの知ってても

普通に話しかけたり言葉を声に出してるの。

 

でさー今朝!

 

猫月さん腰が悪くて最近朝起きると

腰が痛くて仕方ないんだよね。

 

いつもの様に「腰がいてぇー!」って

イイながら朝食用意してママを呼んだの。

 

ママはキッチンカウンターに座って

猫月さんは牛乳とかヨーグルトの準備。

 

そしてママの隣に座ったの。

 

「だぁー!腰がいてぇー!」猫月さんは

言った訳よ。

 

そしたらママが!

 

「お母さんが揉んであげようか?」

 

って!

 

え?え?え?え?

 

で、ママに背中を向けると弱弱しい力で

腰をさすってくれたの。

 

もうさするって言うか触れるような

そんな感じ。

 

猫月さんさーその瞬間元気だった頃の

ママの表情とか笑った顔思い出して

涙出てきた。

 

背中向けてるからママの顔は見えないけど

あの頃の様な顔してるのかなーとかって。

 

こんな事介護初めて初めてなんだけど!

 

多分。

 

あー昔はママが肩揉んでくれーとか

足の裏踏んでくれーとか言ってたなーって。

 

そんな関係がいつまでの続くと

思ってたんだよなーって。

 

確実にこれからママはどんどん老いていって

今できる事も出来なくなってしまうだろうから

今日。この瞬間を大切に家族と向き合おうって

ほんと思った!

 

あの時こーしてればって思ってもそれって

出来ない事だから。

 

うん。

 

家族や親しい人はほんと大切に毎日毎日

しっかりした思い出を作るべきって思った!

 

今日出来る事が明日も出来るなんて思ってたら

ダメなんだよ。

 

よし!これからママのお風呂タイムだ!

 

そいじゃ!

 

今日の猫さん

「このまま治っちゃえ!」