ねこのおしごと

いつでも自由気ままに生きている猫は何を思い何をするのか?TV・雑誌と各メディアに展開中!猫の話を聞け!

ねこのおしごと

スポンサーリンク

昔に彼女さんと深夜に山の中で遭難しかけた話

封印が緩い記憶

もうさー生きてると封印したくなる

嫌な記憶ってあるじゃん?

 

今うーんって考えても思いあらない

そんな場合って封印がしっかり

してる訳じゃない?

 

だけど、時に急にその封印が

解かれて嫌な記憶を思い出す事って無い?

 

ねぇー?

 

もしかして猫月さんだけ?

 

なんか本当に脳みその一部除去で

その記憶を完全に忘れたいんですけど!

 

今日はそんな忘れたいのに

忘れられない嫌な昔話!

免許を取ったぜウェーイ!

猫月さんねぇー高校生の夏休みに

免許を取ってすぐにママから

車買ってもらったの。

 

進学する為にママが貯金してた

お金を好きに使っていいって

言うから迷わず進学辞めて

車買ったね!

 

だってさー仕方ないじゃん!

 

猫月さんちは母子家庭でママは

免許持ってないから市外に出たのって

ママの実家以外に高校の社会見学しか

無かったんだよ?

 

すごくない?

 

猫月さんの行動範囲って自転車で

行ける距離だったの。

免許取るまで!

 

食料の買い出しもさー雨の日も

雪の日もママとちょっと遠くの

スーパーまで歩いて帰りは

指が引きちぎれそうになりながら

ビニール袋を両手に持って買い物

してたんだから。

 

小さい頃からずっと!

 

小学校とかめっちゃ遠くて

みんなお迎えが来てるのに

猫月さんなんてスキー板とか

担いで永遠歩いてたんだよ?

 

そりゃ猫月さんの私利私欲以外に

我が家に車は必要でしょーに!

 

絶対車ほしかったの!

彼女さんとドライブ三昧!

猫月さんさー昔から車が好きで

超免許取れて車に乗って嬉しかったのよ。

 

もうねぇー高校の授業終わったら

速攻で帰って車に乗って色んな

女の子のっけて夕日を見に行ってたね!

 

まぁ!なんて優雅な高校生活なんでしょう!

 

ただねぇー買った車がロードスターで

2シーターなもんだから1人しか

乗せられなかったんだよね。

 

まぁー今じゃ時効だけど3人で

無理やり乗ったりしてましたけど!

 

そんなんで彼女さんと夜ドライブに

行く事が多かったのよ。

門限とか!

もうさーなんなんだろね。

 

門限とかって!

 

猫月さんちはねぇー門限が

無かったんだよね。

 

だってほらママが準夜とか

深夜とかのおしごとがあって

どーせ猫月さん帰っても

誰も居ない状況だったから。

 

猫月さん孤独すぎるだろ!

 

ママは猫月さんの事信用して

くれてたから猫月さんも

ママに迷惑かけないように

生きてた!

 

だけど、よその家って

やっぱり門限あるし特に

女子って厳しいじゃん?

 

だからねぇーめんどかった!

ある雨の夜

でねぇー猫月さんが付き合った子の

1人で、乳パットがすごくいい匂い

してた女子が居たのよ。

 

なんかねぇーその日は雨の日で

ドライブにはイマイチな夜だったけど

猫月さん運転したい病で出かけたの。

 

まださー免許とったばかりじゃん?

 

こー時間の感覚ってか何時頃

どこら辺につくとかわかんないのよ。

 

スマホなんて無いしナビもついて

無かったから。

 

でさー、あーもうここから彼女さんの

家に到着するの確実に門限すぎるわ!

って状態になったのよ。

 

 

そこで猫月さん車を走らせてたら

標識を発見!

f:id:necozuki299:20200912152432j:plain

あれ?小国って方に向かった方が

近道じゃね?

地獄の入り口

でさー近道だって思った道は

猫月さん初めて通る道だったの。

 

ってかもう市内から出たことが

まずなかった猫月さんにとっては

どの道も初めての道だよ!

 

でさー進んでいくと・・・

f:id:necozuki299:20200912152952j:plain

ぐはっ!

 

道路の真ん中に線が消えてきた!

 

山を越えるのは知ってから

まぁーしゃーないって感じで

進んだの。

 

しばらく走るとまた中央に線が

戻ってきたりなんか変な道だった。

 

そしたらさー道路に看板が立ってたの!

 

迂回路→

 

って!

f:id:necozuki299:20200912153326j:plain

この場所じゃなかったかも知れん。

 

なんか工事中らしくて迂回しろって

言うのよ。

迂回なんて出来ない地獄!

でさーしゃーないじゃん!

 

迂回って矢印のあるわき道に

入っていくしかないじゃん!

 

こんなんUターンして戻る訳にも

いかんし通行止めならもっと先に

看板立ってるでしょ?

 

迂回でしょ?

 

この道進めば工事区間を

抜けれるんでしょ?

 

猫月さん進んだよ!

 

次第にアスファルトの道が

砂利道になって・・・

 

おいおいどーなってんだよ!

 

そして周りは田んぼで

砂利すら無くなって・・・

 

あーこれ無理なパターンですわ。

 

猫月さんUターンします!

 

彼女さんはご両親に怒られて

ください。

ぬかるみにハマる地獄

で、狭い道でUターンしようと

したんだけど、ほらあれ。

 

雨降ってるじゃん?

 

夜じゃん?

 

猫月さん免許とりたてじゃん?

 

Uターンできるかわかんないじゃん?

 

彼女さんは濡れるの嫌だから

絶対外からバックオーライしないし!

 

で、何度か切り返しをして

下ってきたあぜ道を登ろうとしたら!

 

はいーっ!

 

後輪駆動のロードスター。

 

ぬかるみにハマって進めなく

なりました!

携帯とか無い時代

でさー、普通ならスマホで

ロードサービスとか呼ぶじゃん?

 

もう携帯なんてない時代だから!

 

当時は!

 

しゃーない!

 

雨の泥道を歩いて戻って誰かに

助けを求めるしか無い!

 

だけどあたりは真っ暗で

彼女さんを1人残して行くのは

猫月さんが1人だと怖いから

一緒に迂回の道まで歩いて

戻ったの。

 

あとは車が通るのを待つだけ!

 

いやぁー、こんな山道誰か

通るのかね?

 

そもそも工事中って事は

誰も来ないんじゃない?

 

なんて不安で完全に遭難中な

状況になったの!

救世主現る!

でさー、トボトボしてたら

白い車が来たの!

 

猫月さん道路の真ん中で

両手振って助けを求めたのよ。

 

この辺あんまり記憶に無いけど

とりあえず大きな道路の

電話がある場所まで乗せてって

貰う事になったの。

 

ありがとうございます!

 

足泥だらけですけど!

 

そんでねぇーどこだろ?

なんかお蕎麦屋さんみたいな

所で降ろしてもらったの。

タクシーを呼ぶ!

でさー、なんかお店の人が

タオルとか貸してくれて

とりあえずあったかいお蕎麦を

頼んで休憩してタクシーを呼んだの。

 

近くにばーちゃんちがあって

そこまで行く事にした!

 

しゃーない!

 

一番近いのがばーちゃんちだから。

 

ってか、ばーちゃんちにバスで

行った事ある道だからドライブコースに

選んだんですけどね!

ばーちゃん助けて!

でねぇー無事ばーちゃんちに

到着したの!

 

まだその時はばーちゃん生きてた!

 

で、ママの妹夫婦も居て

今は居ない旦那さんに

超ハイスピードで送って

貰う事になったの。

 

なんかタクシーの運転手してて

運転上手で前の車をひたすら

パッシングしてどんどん追い抜いて

爆速で彼女さんちまで着いた!

学校サボって救出作戦!

で猫月さんはその晩ばーちゃんちに

泊まって翌日学校だったけどサボって

ロードスターの救出に向かったの。

 

ハイスピードダンディーは丁度

休日で朝から何故か!何故か

猫月さんと同じく幼稚園をサボった

ハイテンション従弟と3人で

現場に向かったの。

 

昨晩の雨は嘘のようにすごく

天気が良かったよ。

 

でねぇー確かに迂回路って

あるのを大人の人に確認して

もらったし!

 

しかも結局迂回出来ないって言う!

 

そんで古い毛布とか持って行って

空回りするタイヤの下に敷いて

ロードスターを後ろから押して

無事救出成功!

 

汚れた毛布はそのまま放置してきた。

 

大人の人がそのままでいいって

言ったので!

洗車して無事元通り?

でその日は泥だらけになった

ロードスターをきれいに洗車して

終わったの。

 

まぁー元通りになるはずだけど

問題なのは彼女さんですよ!

 

いやね、確かに猫月さんが

悪いかもだけど男女平等じゃん?

 

あー困ったー。

後ろが見えないなー。

 

って時に私が見ようか?とか

無い訳?

 

タクシー代もお蕎麦代も

全部猫月さん持ちですけど?

 

さらにばーちゃんが泥だらけの

靴で帰るのは気分悪いからって

ズックを貸してくれたの。

 

真っ白の。

 

当然彼女さんの足は泥だけで

真っ白のズックは汚れた訳だけど

なに?なんなの?

 

彼女さんから返してもらった

ズック。

 

汚れたままなんですけど!

 

いや、そこは洗おうよ。

非常時にこれだと・・・

まぁー100%遭難しかけたのは

猫月さんが悪いよ?

 

だけどさー付き合ってた訳でしょ?

 

こーゆーのって1人の問題じゃ

無いじゃん!

 

2人で解決するべきでしょ?

 

協力しあうべきでしょ?

 

許し合うべきでしょ?

 

なんかねぇー猫月さん冷めた。

 

彼女さんも冷めてたと思うけど。

 

 

他にもいろいろあって結局

しばらくして別れましたけど!

 

乳パットのいい匂いに

惑わされてたんだよ!

その後・・・

猫月さんはねぇーナビを買ったね。

 

これで安心です!って。

 

買ったって言うかママにお願いして

お金貰ったんですけどね!

 

でねぇー高校卒業してすぐに

就職したんだけどそこで付き合た子が

まぁーいい子で!

 

なんなの?

 

猫月さんが運転中にジュース飲もうと

するとしゅしゅしゅ!って

ペットボトルのキャップを開けて

渡してくれるし!

 

猫月さんが飴舐めたいタイミングで

前くれるし!

 

しかもさー毎回その子を家に

送ると車内のゴミを全部持って行って

くれるんだよ?

 

すごくない?

 

なに?この気の利きよう!

 

そんな訳で猫月さんは今でも

センターラインが無くなったら

進むのを止めることにしてます!

 

山道こえぇー!

 

今日の猫さん

f:id:necozuki299:20200912162023j:plain

最後まで読んでくれてありがとう!

スターとかコメントほしいです!